スポンサーリンク

ベルセルク連載再開で今後どうなる?大親友森恒二先生の作品や三浦健太郎との仲良しエピソード

話題のニュース
スポンサーリンク

2022年6月24日~三浦健太郎さん急逝より連載が休止してた「ベルセルク」の再開が決定しました!

親友である森恒二さん監修、三浦さんのスタジオスタッフの熱い思いから、今回の連載再開は実現したそうです。

ここでは

  • ベルセルク連載再開までの経緯と
  • 大親友森恒二先生のプロフィールや作風
  • 三浦健太郎さんとの仲良しエピソード

をまとめています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルセルク連載再開への経緯|親友・森恒二の熱い思い

2022年6月24日から、三浦健太郎さん急逝により休載していた「ベルセルク」連載再開が決まりました!

連載再開後は、青春時代から親交の深かった漫画家森恒二先生が監修し、三浦健太郎さんの元で学んだスタッフが一丸となって漫画を書くというスタイルになるようです。

三浦さんは生前に、親友である森先生やスタジオスタッフにストーリー・エピソードの構成を話していたそうです。その構想メモやキャラデザインも見つかったため、今回再開に踏み切ったようです。」

こんなこと描いたらみんなびっくりするかな、こんなキャラクターはどうかな、この展開は面白いかな、と漫画家として当たり前の日常でした。 その日常は四半世紀以上に及んでいました。長い時間を三浦さんと過ごした我々の頭と心には、三浦さんの想いが積もっています。三浦さんが描いた構想メモとキャラクターデザインも見つかりました。

引用:Yahooニュース

肉付けせず、あくまでも三浦健太郎さんの構想通りに進めるということも話されています。

連載再開後の流れも、同時に発表しています。

  • 幻造世界篇/妖精島の章 を6話でラストまでまとめる
  • その後は新編に移行

そして新編に入った後は

「原作・三浦健太郎/漫画・スタジオ我画/監修・森恒二」というクレジットに変更する予定です。

ネットの反応

すごく嬉しい、スタッフの人や森さんに敬意

連載再開の話題が続いて喜ばしい

最近ではハンターハンターの連載再開の噂もあり、連載再開のニュースが続いているので皆さん結構沸いていました。

(Vtuberのサロメ嬢もかなり人気ですねw)

にじさんじお嬢様キャラ壱百満天原サロメて何者?読み方やグッズ紹介などまとめ
にじさんじの大型新人壱百満天原サロメをご存じですか?どこから湧いて出てきたこの新人!?と言わざるを得ないのですが、いったい彼女はどのようなライバーなのでしょうか?デビュー間もないサロメお嬢様についてわかっている範囲でまとめてご紹介します。 名前を聞いたことある方や気になる方はぜひご覧ください!
冨樫義博の休載理由は病気か嫁のせい?公式Twitter「あと4話」は再開匂わせか調査!
2022年5月24日15時頃、「幽遊白書」や「ハンター×ハンター」を手掛ける天才漫画家、冨樫 義博先生が公式Twitterを開設しました! 何の前触れもなかったため「このTwitterアカウントは偽物かも!?」と騒がれましたが本人のも...

 

森恒二先生の代表作品やプロフィール

森恒二さんのプロフィール

  • 生年月日:1966年11月28日
  • 出身:東京
  • 身長183㎝・体重85㎏
  • 妻:漫画家のあっきう
  • 趣味・特技:格闘技

ヤングアニマルに掲載されていた「ホーリーランド」が人気になり、その後も数々の代表作を残されています。

これは本人は家庭環境があまりよくなく、自分も荒れていてチンピラをぼこぼこにしていたという実話を元に描かれた漫画なんだとか(笑)

確かに実際の森恒二さんの画像を見るとかなり体格がよく、格闘技に精通されているというので納得です。

ベルセルクファンの読者は今回の反応はほぼ肯定的なものでしたが、「画風が違いすぎないか?」という話は出ています。

ベルセルクの作画と森先生の作画があまりにも違いすぎるので、その辺りを心配するファンの人が多いようですね。

森恒二先生の代表作はこちらになります。

  • ホリーランド
  • 自殺島
  • 創世のタイガ
  • 無法島

仲良しエピソード

三浦健太郎さんと森恒二さんは高校の頃からの親友ということでしたが、あまりに仲のいいエピソードや、昨年急逝された際の話ななどが沢山ありましたので一部ですが載せています。

両親がデザイナーであった三浦さんの自宅で漫画を描き始めたのが2人の漫画家人生のはじまりだったのかもしれませんね。

大学も同じ日本大学藝術学部美術学科に入学しています。

温厚で真面目な三浦くんが、前の方で騒いでいたヤツらに「おい! 静かにしてくれよ!!」って怒って、周りがシーンとなったんです! 「凄いな三浦、気合入ってるな」って言ったら「当然だろ」って。三浦くんが怒ったのって、後にも先にもあのときだけ。あれはホント怖かった(笑)。引用:ダヴィンチ

高校生の時に2人で映画に行って、普段温厚な三浦健太郎さんが激怒しているシーンなどを話されていました。

学生時代もこんな風に2人で漫画や映画や色々なことを話されていたんでしょうね。

お互いの作品を褒めあえるって素敵ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました