スポンサーリンク

卒業タイムリミット 5~8話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ

2022年春ドラマ
スポンサーリンク

卒業タイムリミット 5~8話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ

このサイトでわかること

・卒業タイムリミット 第5~8話あらすじ

・感想、見どころ

・Twitterの反応

春ドラマ「卒業タイムリミット」ロケ地どこ?キャストや放送日、あらすじまとめ!
春ドラマ「卒業タイムリミット」の見どころ紹介です。キャストプロフィールや役どころ、ロケ地などを調査してみました。NHK夜ドラ、復活第1弾となる「卒業タイムリミット」は4/4スタートです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

卒業タイムリミット 5~8話あらすじネタバレ

あらすじ

一向に犯人も水口も見つからない中、怪しい教師を監視する事にした4人。

それぞれの告白カードに書かれた言葉は今回の事件に繋がるのか…?

ネタバレあらすじ

5話-疑心暗鬼-

音楽教師・宇部渉(木村達成)の言葉を「嘘だ、校長が口止めしてる」と告げた黒川良樹(井上祐貴)だが、英語教師の水口里紗子(滝沢カレン)がどこにいるのか、どんな状況なのかがわからず、黒川はそこに届いた母・黒川由美子(仙道敦子)のメッセージに返信をした。

学校では理事長の小菅泰治(北山宏光)に呼び出された校長の柿本静江(峯村リエ)は「何かありましたか?」と尋ねるも、同じことを小菅に聞き返されていた。
その時、黒川たちの元にやってきた教師の伊藤倫太郎(中尾明慶)は、小松澪(紺野彩夏)、荻生田隼平(西山潤)、高畑あやね(桜田ひより)を見て黒川に友達ができたと感動していたが、それより水口の事を、と黒川に告げられる。
柿本は水口の行方がわからなくなっていると小菅に告げると、水口が男性と話し込んでいた事を告げるが、水口は男性問題で度々厄介を起こすことを併せて告げ、警察には通報済みだと告げる。
困ったという小菅に「理事長と作った桃源郷を汚すものは許さない」と言い、今回の件は自分に一任して欲しいと柿沢は告げ、小菅もその言葉に従った。
伊藤の話を聞いた黒川は、ただの痴話喧嘩だとは思えないと告げると、自分たちに送られてきた手紙と動画のスクショを見せた。
すると伊藤は水口の動画のスクショを自分にも送って欲しいと言うと、このことは自分に任せて、黒川達に帰るよう告げた。

その後、帰宅する4人は小松と荻生田、黒川と高畑に分かれ、それぞれ帰路を辿る。
小松にSNSやってるかという荻生田は、フォロリク送っていいかと打診するも、勝手にフォローできるからと小松は告げた。
すると、黒川がグループチャットの相手がいないって言うから、グループチャットを作って水口のことを話さないか、と告げた。
一方、高畑は「おばさん元気?」と言うと、一応と答えた黒川に、挨拶だけしてもいいかと言う高畑に、母は入院しているからと言い、黒川は早々に母親の入院する病院へと向かった。

母・由美子の元を訪れた黒川は、隣のベッドが空いていることを尋ねると「昼に容態が急変して」と告げた由美子に事情を察した。
遅かったという由美子に「友達と話してた」と告げた黒川だが、由美子は驚き、今度合わせてねと告げられ「今度ね」と黒川は濁した。
黒川の卒業式を見たいから、外出許可を貰うためにもう少し粘ってみると言う由美子との面会時間も終わりを告げられた。
黒川のさった病室では、毎日やってくる黒川を褒める看護師に「朝帰るタイミングを自分で決めたくないだけでしょ」と由美子は告げた。

黒川が自宅へ戻ると高畑が現れ、黒川は思わず「あやね」と呼びかけたが、やっと下の名前で呼んでくれた、と高畑は告げた。
水口のことはどうするのかと言う高畑は、黒川がひとりで何かしようとしてたのではないかと告げると、昔突然1週間休んだ黒川のことを話し出した。
その時黒川は倒れた由美子の看病をしていたという。
高畑につらい時は頼って欲しいと告げられ、水口の件は自分たちの手で何とかしたいからと言うと、黒川をグループチャットに誘った。
卒業3日前に今更という黒川に、いいからと高畑は告げてグループチャットに招いた。

その後、各人一言ずつ挨拶を残していたが、自室の小松のノートには「みずくち死ね」と書かれており、小松はそのページを破るとはさみで切り始めた。
一方、高畑のノートには「水口先生が許せない」と書かれていた。
その頃、首に鎖をかけられた水口は意識を取り戻すと、何者かに「取ってよ、助けて!」と喚き始めた。
外のサイレンの音が気になった黒川は、ふと窓を開けて夜の街を眺めていた。

6話-秘密の恋-

告白カード…高校生活で1番悔しかったこと
ある先生に好意を持った小松は告白し、付き合うこととなった。
秘密の恋愛はたのしく、幸せな日々を過ごしていたが、ある日とある掲示板に「付きまとってくるJKがウザイ件」というスレッドが立ち、それを小松は見つけてしまったのだった。

その掲示板を眺めていた小松は高畑からの着信に応答するが、これから宇部を監視することになったと告げられるが、無理だと小松は断った。
三人でやるしかないという黒川に従い、宇部の監視作戦を行う黒川と、高畑と荻生田。

その頃、アパートにやってきた警官の市原と梶浦だが、梶浦は赤い髪の男性がアパートの前を通り過ぎるのを目撃する。
アパートでは鍵を勝手に変えられ、中から誰かの声がするとの事で隣人から通報があったようだ。
借主は30代の男性だが、ほぼ帰ってきてはないとの事で、叫び声がしたので誰か監禁されているのではないかと隣人が疑ったようだ。

学校では、音楽室で「翼をください」をひとりで歌う宇部を見る黒川が異常はないと電話で告げるが、その様子を別の場所で見ている高畑は「いつもああだよ」と言うが、同じくその姿を見ていた荻生田は、不意に理事長の小菅に声をかけられる。
独り言が趣味でという荻生田に、一緒に花の世話をしないかと言われ、通話はそのままで手伝ってこいと黒川は告げる。
そんな時、顧問を疑うのは心苦しくないかと言うが、宇部は突然ガラスの靴を見てうっとりしていた。
ガラスの靴は3年最後に行うミュージカルのもので、今年はシンデレラなのだと高畑は告げる。
その後、音楽室から出た黒川を追うも、荷物を運ぶ学生たちのせいで黒川は見失ってしまった。

その頃、通報のあった部屋を操作する市原と梶浦だが、不審なものしか置かれてい部屋の中、声のする方に向かうと何かを見つけた。
宇部を見失ったと慌てる三人だが、そこに予定より早く水口の映像が送られてきた。
するとそこに小松からグループ通話が入り、宇部を見つけたと告げられる。
一方、不審な部屋では男性が便器に嵌って動けなくなっていたのだと言う。
呆れて戻ろうとする梶浦は、ローズヘッドの寺木が表を歩いていたと思い出し告げる。

黒川たちは購買部のパンでお腹を満たしていたが、そこに15時配信予定、との通知が来た。
すると次のターゲットは野上となり、また同じ要領で監視しようと話すが、荻生田はトイレに立った。

告白カード…高校生活で1番悔しかったこと
荻生田は運動部には質の高いコーチがついていると聴き入学を決めたが、サッカー部にはコーチはおらず、未経験の顧問がメニューを決めていた。
こんなことなら、と落ち込んだが、二年になった頃、サッカー経験者である体育教師がやってきてから部のムードは変わった。

7話-敗れた夢-

早速野上の監視を行う黒川と高畑と小松だが、EMSパッドを貼り付けた野上は、ひとりで色々と動いており、いつもああなのかな、と三人は疑問を持っていた。

(告白カードの続き)
野上がやってきてから部のムードが変わり、自分の成績も上がったが、
荻生田は怪我をしてサッカー部を辞めたのだった。

そんな時、配信時間が近付くもみ17時配信」と表示されただけだった。
また4人で集まった黒川達だが、野上は体調不良で自宅に戻るらしいと聞き、伊藤の車で駆けつけることにした黒川。
だが、具合の悪そうな小松を気にした高畑は、家まで送ると告げてあとは二人に任せた。

小松を送りながら高畑は、みんな一度は小松を好きになるって知ってる?と言うと、興味が無いと小松は告げ、大学は受かっていたことを報告する。
一方、伊藤の車で野上が立ち寄った居酒屋の前で見張る黒川と荻生田だが、黒川はそこで荻生田が2年の後半で怪我をして退部したことを知る。
その事を謝るが、自分も不良って疑ってたから大丈夫だと荻生田は告げるが、親が教師だった、親は自殺だ、と言うと、必死に謝る荻生田に、黒川は「ウソ」と告げたが、父は亡くなっているが、自殺ではないと訂正した。
安心した荻生田は「よかったー、よくはないけど!」と慌てていた。

そこへ高畑が駆けつけたが、まだ野上は中にいるという言葉に、高畑は覗き込むと「居ないよ?」と告げ、三人で乗り込んだ。
店の先には川があり、そこには船があった。
船で逃げたのか…と思いつつも水口の映像が流れ始めた。
だが、お腹を壊していた様子の野上はトイレから出てくると、嫁の車をぶつけて調子が悪いと居酒屋の店主に告げていた。
これからどうするという荻生田に、宇部と野上はシロ、単独犯なら、と黒川は告げた。
すると、水口のマンションを調べようと高畑は告げた。

告白カード…高校生活で1番悔しかったこと
高畑は帰国子女枠で入学したが、英語教師より英語ができると思っていた予想は当たり、教師のスペルミス等を訂正して欲しいと告げていたが、いつもごめんとお菓子をくれる先生は、目下の人間に不備を認め謝ることが出来る理想的な教師だと思った。
でも…。

そんな時、みんなに嘘つくのがどれだけしんどいかほんとに分かってんの?と電話に告げる高畑の姿を荻生田は見てしまった。

8話-尊敬する先生-

なんの手がかりもなくマンションを後にする黒川と荻生田と高畑だが、先に監禁場所を探した方が、と言う黒川の言葉に「君たち!」ととある男性に呼び止められた。

一方、学校では取材は終わり卒業式も無事行われる予定だと校長の柿本は理事長の小菅に告げるが、水口の件だと言うと「生徒に聞いてみたら?」と小菅は告げた。
その頃、呼び止めた男性は油谷(前原滉)という元カレというが、毎日ここに来ているが、部屋の前にいつも男がいた、と油谷は告げた。

黒川行きつけの「461(よるイチ)」に集まった黒川と荻生田と高畑、そして伊藤はストーカーがストーカーがいたって言ってたから間違いないと言う黒川の言葉に色んな教師を疑い始めた。
犯人の狙いはお前たちかもしれないだろ、という伊藤は、謎解きの為に人をさらったりしないだろう、その間にお前たちを…と言うと、高畑と荻生田はおもむろに慌てだした。
かもしれないよ、って黒川が言ってる、と伊藤は片付けた。

その夜、市原の元に寺木は出所したことを梶浦が告げた。
黒川は母の由美子の元を訪れており、荻生田と高畑は伊藤が送り届けていた。
荻生田を見送り「また明日」という高畑に「いい言葉だな」も と伊藤は告げると、社会人になるとまた明日じゃなくなるからな、とみじみ告げた。
先生って変な先生ですね、と高畑はいい意味で告げた。
一方、由美子は欅台高校の教えが黒川の父と同じ「一人一人に居場所を」であることについて話し始めたが、父の話はいいと告げた。

帰ろうとする黒川は、患者である子供が赤いバンドを腕に付けられ、青がいいというも、血液型によって違う事を看護師は告げる。
青はO型だと言われ、黒川は由美子が青いバンドをつけていたことを思い出すが、由美子はB型だったはずだった。
看護師に尋ねるも「O型で間違いありません」と告げられる。

その頃、自宅へ戻ろうとするも、自宅へ警官がやってくる姿を見て、嫌な予感を抱く高畑だが、案の定父が酒を飲んで暴れて通報されたのだった。
そのまま461へ向かうと、既に小松と荻生田がおり、更には黒川までやってくるのだった。

その頃、ひとりで飲む伊藤だが、ママに「色々あんるです」とこぼしていた。
校長室では、やはり4人に何か聞いた方がいのでは無いかというも、柿本は理事長は任せて、今まで通りに動いて、と久田に告げていた。
461では晩ご飯を食べながら明日の方針を決めていたが、急にライトが暗くなった。
すると尾崎豊の「十五の夜」を歌う人物に聞き入る4人。
そこに突然マスターが嗄れた声で歌い始め、461は盛り上がっていたが、高畑と黒川は驚いていた。

その頃、酔った伊藤はお代を払おうとカバンを探るが、そこから札束の入った封筒が落ちた。
461から帰ろうとする4人の前に、何故か寺木が現れるが、黒川は寺木を知っているようだった。

見どころ・感想

お?理事長グルなの?それとも校長が何もかも隠したいの?何にせよ、理事長と校長の関係も気がかりです。

で、水口の所に現れた。謎の人物も気になるけど、水口が敬語じゃなかった(敬語を使える余裕もなかった可能性はある)ことから、生徒なのかな?説もあったりなかったり。

それにしても小松も高畑も水口嫌ってんじゃん(笑)。

登場したキャスト

今週は、ローズヘッドの寺木役で高橋侃さん、便器に嵌った男役でクロちゃんさん、看護師の那須川役で かんのひとみさん、元カレでストーカーの油谷役で前原滉さんが登場しました。

ネットの反応|口コミや評判

妖精タイム、割とありますよ(笑)

まとめ

水口を追う中で、みんなの闇が出てきました。なんというかまぁ…どうしようも無いことはあるよね、というものですが。

黒川の闇はないの?むしろ今が闇なの?と思いつつも、なんだかんだでやっぱり続き気になる系ドラマです。

毎日なので、ちょっと中だるみしてる感は否めないけど、そこは夜ドラってことで(は?)。

また来週!

コメント

タイトルとURLをコピーしました