家政夫のミタゾノ 1話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ

2022年春ドラマ

家政夫のミタゾノ 1話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ 

 

この記事でわかること
  • 家政夫のミタゾノ 第1話あらすじ
  • 感想、見どころ
  • 今週のミタゾノさんの知恵
  • Twitterの反応

家政夫のミタゾノ 1話 あらすじネタバレ

あらすじ

あの家政夫が帰ってきた…!
営林学園の理事長一家にやってきた三反園は、新たに家政婦となった元ヤンの素子、そして村田と共に、学園の校則を考え直す一家に尽くす。

だがこの一家にもなにかただならぬものがあるようで…?

ネタバレあらすじ

-1話-

・ご主人様至上主義

レディースの総長である本仮屋素子(山本舞香)は、突然現れた三反園薫(松岡昌宏)が自分を含めそこにいた全員をボコボコにし、ご主人様の犬を守った姿を見て感服する。

早速、結家政婦商会に三反園を追ってきた素子。
所長の結頼子(余貴美子)は村田光(伊野尾慧)に教育係を任せるが、素子は三反園がいいと熱望する。
早速依頼を受けた三反園と共に結家政婦商会を出ていく素子だが、「あんたも行くのよ、童顔(村田)」と告げられ、二人の後を村田は追った。

三反園はインターホンを鳴らすと、突然制服の少年・智之が駆け出して来て、捕まえて!と告げられる。
三反園は少年の顔面を掴み止めるが、学園がなくなるって言うのにじっとしてられないという智之の言葉に、三反園の依頼主でもある林田正美(観月ありさ)はこの際だから話す、と告げて林田家のリビングに三反園たちを呼んだ。
理事長である林田壮一(大河内浩)のセクハラが問題視されており、弁護士の清守修(笠原秀幸)とPTA会長の久村たか子(七瀬なつみ)も訪れていた。
そんな時、お茶でも入れるという三反園に「りんごジュースがいい」という智之の言葉に、三反園はリンゴを凍らせて作ると美味しいが87時間かかるため、その場で新鮮なリンゴを握り潰してジュースを作るが、思いの外美味しかった。

林田家では校則について話し合うも、選択をする村田は「フォークダンスってなに?」とフォークを2本持って素子に尋ねるが、素子は全く違うダンスを披露したが「そっか」と村田は受け入れた。
休憩に外に出た正美に、三反園はジュースを差し出していた。
一方、壮一の肩を揉んでいた林田義則(田中聡元)は退室させられるが、久村といい関係のようだった。
その時、壁にかけてあった物を取り出し裏返した壮一の姿を三反園は見ていた…。

・裏口好き?

智之が逃げ出そうとすると、そこには素子がいた。
三反園に言われたという素子は、自分を倒してから行けと言うが、智之は家に戻った。
正美は今回のことが上手く行けば、清守を副理事長に任命し、自分が理事長になる、と告げていた。
そんな時、昼食ができたと告げる三反園は、大人の男子が密室の中というのはいかがなものかと、と言うと、ドアは空けておいてと清守は告げた。

すると、裏口はどこにあるのかと様子を伺う村田に声をかけた三反園は、義則と久村が裏口について話していたと聞き、義則に「口元にごまがついてますよ」と三反園は告げた。
結家政婦商会では、謎の校則がある学園の一族に行った三反園について、暫くはかえってこないわねと噂していた。
その後ももはや意味不明な校則について話し合う林田家だが、結局全て終わらなかった。
帰ろうとした久村は靴がないというと、裏口はが好きと聞いたので、裏口に置いていますと三反園が告げると、それは裏口ではく履き口だと正美に告げられ、三反園は久村の靴を持ってくるのだった。

その夜、へそ出しTシャツを着た素子を見て壮一が声を荒らげるが、「ヤマトナタデココってなんですか」と三反園の元に駆け寄ってきたが、先輩ならちゃんと教えてやれと三反園は告げられる。
だが、今は時代が時代、適応できなければ淘汰されると告げる。

・真夜中の家政夫

正美と義則はベッドルームにいたが、眠れなくなったから本を取ってくると正美はたちあがった。三反園はリビングで何やら探っていたが、物音に気付くと、マットが滑って危ないから滑り止めをする、と告げた。
今やらなくても、という正美に、旦那様と奥さまが滑っては危ないと思いまして、と去ろうとする三反園の近くの引き出しが開いていることに気づいた正美は「見たの?」と告げると、他言無用と告げた。
本当に家政婦なのかという正美は、長年家政夫をやっているが、誰一人覚えてないから安心してください、と言うと、三反園はおやすみの挨拶をして その場を去った。

翌朝、またこっそり家を出る智之だが、玄関先には素子が立っていた。
なんの用があるのかという素子に、ここにいたくないだけだという智之に、分かるよ、行きな、と基子は告げる。
その事を正美に告げた素子だが、なぜ引き止めなかったのかという正美は、三反園達にお引き取り下さいと告げられる。
自分のせいかという素子が必死に止めようとすると、三反園が時を止めた。
毎回相方が違う?二度あることは三度ある…え?6人目?…あらほんと、と言うと「お掃除の時間でございます」と言い、三反園は再び時間を動かした。

インターホンが鳴るとオレンジ工務店と名乗る工務店がやってきて、義則の部屋の床下工事を頼んだことを告げられる。
その床からは久村に振り込んだ大金が記された通帳が見つかった。
裏口入学で得た資金を義則が久村に振り込んでいたのだ。
そこで久村と義則が言い合いを始め、裏口取りし傷つくのは本人たちだという壮一に、あんたが言うな!と言い始め、醜い言い合いが始まった。

・こわれる家族

三反園が何かを持って壮一に渡すが、壮一は隠し撮りまでしていたのだ。
「何が悪い!しょうがないだろう!恋しちゃったんだから!」
開き直る壮一に「ハート強ぇ」と呟く素子に対し、正美は気持ち悪いというと、正美は理事長退任を告げる。
副理事長に任命された清守の存在に壮一は怒り狂うが、次の理事会で取り上げるという正美は、解任手続きの書類にサインを、と紙を取り出したが、そこにはQRコードが書かれてあった。
読み込むと清守の弁護士事務所が映し出されるが、そこに清守の名前はなかった。
そこから清守の経歴詐称が明るみになるが、弁護士バッジがあるという正美の言葉に、スーツのボタンが外れてるという三反園は、清守の隠し持っていた弁護士バッジボタンをこぼれさせた。
本物のバッジにはシリアルナンバーがあるという三反園だが「ありません」と告げた。
だが、こうなったのはあんたらのせいだ、と清守が告げた。
正美が根拠なく「先生が信じてるから大丈夫」と告げたからだめなんだという清守に対し、あなたが無能だからだと正美は告げた。
散々みんなに「アウト!」と告げていた清守は三反園の「でけーんだよ」と告げると、その言葉はハラスメントにあたると告げると、清守の行動がアウトだと告げる。

自信喪失した正美は、自分の生徒が近くにいても気づかないなんて教師失格だと壮一に告げられるが、そんな壮一だ大嫌いなのよ!と正美は告げる。
永遠の少女ですね…伝説の…と村田が告げると、三反園はそろそろ失礼すると告げると、突然マーカーが出なくなった時の対策法を述べ始めた。
それがなんなのと言う正美だが、ただそれだけですという三反園は、智之を見つける。
帰ってきた智之は、自由にしていいと言われると何していいか分からず戻ってきてしまった、という。
そんな智之の言葉を聞きつつホワイトボードにマーカーを引くと、しっかりと復活していた。
校則を見ながら、正美と義則、そして壮一はそれまでの思い出を語り始め、使い古されたから新しくすればいいってものじゃないわね、と告げた。

結局あのままの校則で文科省に提出したという営林学園だが、あの2日間はなんだったんだという村田に「分かってねぇな童顔」と素子は告げる。
翌日、営林学園そばを通る三反園は、マントを着用して投稿する智之に「マントは校則違反よ」と注意する正美の姿があった。

見どころ・感想

少しスカートがテカテカした生地になった気がするミタゾノさん。相変わらず綺麗な御御足です(笑)。

いつから村田くんは童顔いじりされるようになったの?(笑)ついでに伝説の少女懐かしいよ!(※「伝説の少女」は観月ありささんのデビュー曲です)

あと普通に山本舞香さん可愛いから癒されるんだが…。

登場したキャスト

観月ありさ …林田正美 役
大河内浩 …林田壮一 役
田中聡元 …林田義則 役
七瀬なつみ …久村たか子 役
笠原秀幸 …清守修 役

今週のミタゾノさんの知恵

美味しいりんごジュース

りんごを8時間凍らせて、その後自然解凍すると、細胞壁が壊れ柔らかくなり、手で簡単に絞れるようになる。

時間が無い時はそのままを素手で絞る!(姐さん最高!)

マットの滑り止め

ラップを長めに切り2つに折りたたんで二重にし、マットと床の間に敷くだけで、ラップの吸着性によりずれなくなります。

書けなくなったマーカーの復活

インクが固まってしまい書けなくなったマーカーは、マーカーの蓋に半分ほど除光液を注いで、蓋を閉めて10分待つと、インク詰まりを解消させ、また書けるようになります。

Twitterの反応

まとめ

ミタゾノさんが壊してなんとなくハッピーという、いつものあれでしたが、まぁこうだよね、と落ち着く。

七瀬なつみさん久しぶりに見たな…相変わらず可愛らしい…。

また来週!

コメント

タイトルとURLをコピーしました