スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ 7話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ ・家事情報

2022年春ドラマ

家政夫のミタゾノ 7話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ ・家事情報

 

この記事でわかること
  • 家政夫のミタゾノ 第7話あらすじ
  • 感想、見どころ
  • 今週のミタゾノさんの知恵袋
  • Twitterの反応
スポンサーリンク
スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ 7話 あらすじネタバレ

あらすじ

家政婦が立て続けにバックレていると話題の、教育評論家である阿川の元へ向かうことになった三田園と本仮屋。
品行方正な子供たちだったが、阿川は叱らない教育と世間では言っているものの、すぐに怒号を上げるような人物だった。
更には子供たちも陰湿なイタズラを仕掛けてくる。
三田園はどう対処するのか…?

ネタバレあらすじ

-7話-

おかめのしつけ

教育評論家の阿川将司(濱津隆之)に依頼を受けた結家政婦紹介だが、家政婦がバックレると話題の家らしい。
そんな偉い評論家の先生の子供ならみんないい子だという本仮屋素子(山本舞香)だが、それなら家政婦が必要だろうか、と告げ、三田園薫(松岡昌宏)は阿川家へと向かおうとし、本仮屋は慌ててその背中を追った。

早速阿川家を訪れた三田園と本仮屋だが、おかめの3つの話を阿川に聞くと、子供たちがコーヒーを持ってやってきたが、少しだけソーサーがコーヒーで汚れていた。
そのことに対して激しく怒号を上げる阿川に、コーヒーなら自分が淹れると言い三田園は台所に行くが、そこへ子供たちもやってきた。
遊ぼうという子供たちに応じる三田園だが、その隙に長女の阿川桜はコーヒーにこしょうをふりかけ、本仮屋に持っていかせるのだった。
その味に阿川はまた怒号をあげるが、三田園の起点で美味しいコーヒーに仕上がった。
その様子に子供たちは残念そうな表情を浮かべた。
すると阿川は数日家を留守にすると言うため、三田園たちと子供たちが残ることになった。
突き当たりの部屋に鍵がかかっているという三田園に、桜はあの部屋は自分のバイオリン練習部屋で、自分が掃除しているから大丈夫だ、と告げて阿川を見送った。
阿川が去ると早速キャンセル料を差し出した桜は「自分たちだけで大丈夫です」と言うが、依頼主以外からのキャンセルは受け付けないと三田園は告げると、桜が言う。
「そうですか…後悔しないといいですね」

部屋の掃除をする本仮屋は、クモのおもちゃに驚くと、ばらまかれたビー玉に転び、カブトの置物を破損させてしまった。
何とかならないかという本仮屋に、無理だという三田園は、子供たちが仕掛けてきたいたずらに立ち向かっていた。
フォークをつけたラジコンが走ってくると踏みつけた三田園は、修理に出さないといけない、と操作していた長男の阿川樹(斎藤汰鷹)に告げた。
そしてカブトの置物は高かったと言う子供たちに、本仮屋はお願いを聞いてくれたら内緒にしてあげる、と告げられた。

子供たちの本性

本仮屋は頼まれた宿題をやるが、その間子供たちは密談をしていた。、「あのことがバレたら終わりだから」
宿題を終えた本仮屋が子供たちのいる2階に上がると、なにやら部屋を物色する樹と次男の阿川葵(正垣湊都)の姿があった。
最近空き巣にはいられるという阿川の言葉に思い当たり、本仮屋は息を呑んで見守るが、桜がバイオリンの練習をするという部屋に樹と葵が入っていった。
そこには女性と子供たちがいて、家のものをネットで売りさばいていたのだ。
しかも、価格設定が悪いのではないか、とまで言っており、女性がそろそろ辞めた方が、と言うも、子供たちは聞く耳を持たなかった。
挙句、プラスチックの鎖で足を繋がれた女性の姿に気づいた本仮屋は部屋を出ようとするも音を立ててしまった。
逃げようとするも、そこで押し入れから三田園が姿を現した。
このことは誰にも言わないで、という桜に、三田園は子供たちに家事をやらせる事にした。

家事をやる子供たちは文句を言うも、文句を言うなら電話をするという三田園に桜がは怯えるが、電話したのは時報だった。
女性のいた部屋の電気を取り替えるよう告げると、あの人は客じゃないから、と桜は告げた。
それぞれに家事をする子供たちを見送り、本仮屋は部屋にいた女性のことについて考えるが、今までいなくなった家政婦なのではないか、と思いあたった。

その話を本仮屋に聞いた式根志摩(しゅはまはるみ)と阿部真理亜(平田敦子)は許せないと告げていたが、子供にもいいところはあると村田光(伊野尾慧)はいつものようにのほほんとしていた。
今晩は子供たちと夜を過ごすが、大丈夫かという結頼子(余貴美子)に、三田園なら平気だと村田は告げるも、三田園にも怖いものはある、と結は告げた。
その頃、浴室にいた三田園は、暗闇の光とおかめの仮面に悲鳴を上げていた。
再び桜に宿題を持ってこられた本仮屋が訝しがるも、浴室で子供たちにこちょこちょされる三田園は「この子達には逆らわないで!」と告げ、その姿を見た本仮屋は宿題をやらざるを得なかった。

突然の帰宅

宿題をする本仮屋は眠りかけながらも必死に鉛筆を動かしていた。
縄跳びで拘束された三田は、拘束された女性に、抵抗しなければプラスチックの鎖に変えてもらえることを告げられるが、その事にお礼を告げる三田園は女性が1年もそこにいることを聞く。

翌日、子供たちにデザートを買ってくるよう言われた本仮屋が戻ると、もう食べたい気分じゃなくなった、と子供たちは告げて暴れていた。
ところが急に阿川が戻り、三田園が居ないことを不思議がるも桜は「帰った」と言うが、その三田園が現れた。
子供たちはみんないい子だった、という三田園にご飯を振る舞われる阿川家一家だが、空気を入れ替えようと三田園がカーテンを開けると、そこには拘束されていた女性がおり、阿川が振り向く前に三田園はサッとカーテンを元に戻した。
更にはちらし寿司の上に飾られた海苔は「カンキン」という文字に切られており、慌てて混ぜる桜、お吸い物の蓋を自ら開けてあげる樹だが、そのおわんの底にはフリマサイトで出品した指輪が張り付いていた。
慌てて桜はそのおわんを受け取ると、指輪をポケットに直した。
そして、宿題は済んだのかという阿川に宿題を見せるが、出来の悪さに怒られ、それを見ていた本仮屋は「間違えてた?」と逡巡する。
レモネードを運んできた三田園に、阿川は自分専属の家政婦にならないか、と告げられる。
レモネードが酸っぱいという次女の阿川(中野翠咲)桃に、はちみつをいれる三田園だが、桃ははちみつアレルギーだった。
思わず、だめ!と元家政婦の女性が飛び出して桃のグラスを奪い取った。
だが、それはメイプルシロップだと言う三田園に、女性は桃が蜂に刺されてからアレルギーがあることを告げると、なぜその事まで知ってるのかと本仮屋は告げた。

女性の正体

その女性はなんと、6年前に家を出た母親・阿川梓(河井青菜)だったのだ。
そのことに対してまた怒号を上げる阿川だが「おかめをわすれたのか!」と指さした額には、調停期日が書かれた紙が貼り付けられていた。
罪状はセクハラで、今までの家政婦がバックレたのは阿川のセクハラのせいだったのだ。
そのせいでお母さんは家を出たんだ、という樹だが、梓が家を出たのは韓流スター・ヤン様のツアーを回るのが夢だったからだと告げた。
その事実に子供たちはショックを受けるが、もう復讐は済んだでしょ?と梓は告げた。
少しでも悪いと思ってるならうちに来いと桜に言われたと言う梓の言葉に阿川は桜を打とうとするが、三田園が操作するラジコンがカメラを乗せて現れた。
そこには桜に内緒で梓に懐く3人の姿があった。
すると電話が鳴り、桜宛に単身用の部屋の件で電話が入ってきた。
樹と葵と桃は桜の裏切りを知り責めるが、そこに桜のハンカチを漂白すると三田園が告げた。
そんなことしたら消えちゃう、という桜に安全に漂白するも、桜が残したかったものは落ちてなかった。
それは梓の書いた桜の名前だった。
すると桜は梓を閉じ込めたのは、一緒にいたかったからだと正直に告げた。
1年前に会いに来てくれた時、素直になれなかったという桜は、父にバレると二度と会えなくなるから、と梓を監禁をしたのだと言う。
家の近くに1人用の部屋を借りたのは、母を自由にしたかったからだと明かした。
するときょうだい3人に謝るも、なぜ相談しなかったのかと阿川に告げられると、言っても聞いてくれないからだ、と告げた。
そんな桜をそっと梓は抱きしめ「ごめんね」と告げると、泣いた桜と梓に抱きつくよう、樹と葵と桃もやってきた。
その様子に本仮屋はギャン泣きしていた。

話の顛末に、推し活で失踪なんて、というも、ヤン様は1年前に熱愛が発覚したから戻ったのではないか、と言い始めた。
家族6人で過ごすことになったことを告げる本仮屋だが、三田園がセクハラ被害を受けたことを知り、村田は「臀部って、おしりですよね?おしりだよ?おしり?」と戸惑っていた。

請求書を持参した三田園は、子供たちと暮らす部屋に様変わりした部屋に安心したように微笑んだ。
子供たちは、ソーサーに紅茶をこぼしていることや、冷蔵庫にヤン様のDVDを隠してあった事などを責めており、立場が逆転していたのだった。

見どころ・感想

素直になれず歪んだ行動をしていた子供たちにスポットを当てながらも、実は教育評論家と言われる父のセクハラで家政婦がバックレてたというオチは中々でしたが、ミタゾノさんにもそんな気を見せるなんて…気付いてないのか…家政夫だぜ?(笑)

何はともあれ、最後は立場逆転って、とんでもない家族であることは間違いないですね(笑)。

登場したキャスト

濱津隆之 …阿川将司 役
横溝菜帆 …阿川桜 役
斎藤汰鷹 …阿川樹 役
正垣湊都 …阿川葵 役
中野翠咲 …阿川桃 役
河井青菜 …阿川梓 役

今週のミタゾノさんの知恵袋

コーヒーにこしょうを入れられたら?

こしょうを振ったコーヒーに砂糖小さじ1杯、塩とナツメグをお好みで振りかけると、コーヒーの苦味が緩和され、ピリッとした口当たりのペッパースパイスコーヒーの出来上がり。

クローゼットの消臭には

しっかり乾燥させた茶殻をストッキングに入れ、ハンガーなどにかけてつるせば消臭剤として使えます。

ハンカチの漂白

水大さじ2をレンジで20秒ほど温め、そこに重曹と酸素系漂白剤を小さじ1ずつ入れ特製ホット染み抜き剤を作り裏からタオルを当てて、歯ブラシなどで優しくたたくようになじませ、最後にすすぎます。
インクや色柄は残したまま、汚れだけを落とすことが出来ます。

Twitterの反応

ヤン様(笑)

まとめ

はじまりました、舞台のチケット販売。
わたしは行けないので先行販売に電話などはしていませんが、無事ゲットされた方はいるでしょうか。

舞台も楽しみですね。

また来週!

コメント

タイトルとURLをコピーしました