【悲報】ゆうちょ銀行ATM手数料・現金払込み値上げ|現金・硬貨取扱いはメガバンクの方がお得?

ゆうちょ銀行サービス改悪!現金払込やATM手数料一部値上げ トレンド

ゆうちょ銀行サービス改悪!現金払込やATM手数料一部値上げ

2022年1月17日(月)より、ゆうちょのサービスが改悪します。

簡単にいうと、現金(硬貨)での取引に手数料が値上げします。ATM手数料も場所・時間によって110円かかるようになりました。

500円玉貯金が大好きな私は、何枚預けても手数料無料だったゆうちょ銀行を重宝していたので、かなり残念・・・。

お得な三井住友銀行の窓口に500円玉を託します。。

このページでは今回のゆうちょ銀行のサービス改定の具体的な内容と、硬貨取扱いをどこの銀行でするのが一番お得か?について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 現金での払い込みは110円かかるので口座での支払いが◎
  • 硬貨取扱いならメガバンクの窓口の方がお得(100枚までなら無料)
  • 駅・ファミマ・シッピングモールのATMは時間帯により手数料がかかるので注意。

ゆうちょのサービス改悪内容

今回のゆうちょ銀行のサービス改定のポイントは、ATM手数料の値上げ硬貨や現金での取り扱いに対して手数料です。

駅やファミマでのATM手数料値上げ

ゆうちょ銀行では2022年1月17日(月)より、ATMでのお預入れ・払い戻しの手数料が値上げします。

改正前 改正後
ゆうちょ銀行 無料 無料
駅・ファミマ・ショッピングセンター 無料 日時により110円

ATMの手数料が改悪されるのは、ゆうちょ銀行以外のATMを利用した場合に限ります。

無料の時間帯もありますが、駅・ファミマ・ショッピングモールのATMでは110円手数料が発生することになりました。

無料の時間帯は平日8時45分~18時、土曜日の9時~14時。それ以外は110円かかります。

改定前 改定後
平日8:45~18:00 無料 無料
土曜日9:00~14:00
上記以外の日時 110円

※定額・定期貯金については変わらず手数料は無料です。

また一部のATMでは無料と書かれている休日・夜間帯でも手数料が発生します。

ローソン銀行・イーネットATMも値上げ

これに加えてローソン銀行・イーネット銀行ATMを利用する際の手数料も改悪しています。

ローソン銀行

改定前 改定後
平日8:45~18:00 110円 220円
土曜日9:00~14:00
上記以外の日時 220円 330円

イーネット銀行

改定前 改定後
平日8:45~18:00 無料 220円
土曜日9:00~14:00
上記以外の日時 330円

どちらの銀行ATMも、常時220円~と割高なので、できる限り使わない方がいいですね。

2023年4月にはセブンATMの手数料も改悪する予定なので、どんどん負担は増えていきますね。。。

参考:ゆうちょ銀行(ATM・CD 提携サービスの手数料改定)

ATMでも硬貨取扱にお金がかかる

今回のサービス改定で、新しく硬貨取扱料金というサービスができました。

銀行では、硬貨の取り扱いや管理にはかなりコストがかかるようです。

そのため今まで硬貨の取り扱いに優しいと言われていたゆうちょ銀行も、ついに手数料をとるようになりました。

ATMの場合

ATMのお預入れの場合は、1枚からでも110円の手数料がかかります。

硬貨枚数 手数料
1枚~25枚 110円
26~50枚 220円
51~100枚 330円

ATMの場合は1回のお預入れの上限が100枚までで、手続き毎にこの手数料がかかります。

払い戻しでも1枚から110円かかります。

ちなみにATMでの硬貨取り扱い時間も短くなりました。土日祝日も9時~17時までは取り扱いOKでしたが、改正後は平日の9時~18時のみです。

窓口の場合

窓口の場合は50枚まで無料、51枚~から有料になります。

硬貨数 手数料
~50枚まで 無料
51枚~100枚 550円
101~500枚 825円
501枚~1,000枚 1,100円
これ以降 500枚毎に550円加算

ATMと窓口の硬貨取扱の手数料比較

ATM手数料 窓口手数料
1~25枚まで 110円 無料
~50枚まで 220円 無料
51枚~100枚まで 330円 550円
101枚~500枚まで ~1,650円 825円
501枚~1,000枚まで ~3,300円 1,100円

窓口の場合は50枚まで無料なので、ATMで硬貨の預け入れ・払い戻しをするメリットは0ですね。

逆にまとめて預けたい人は、51~100枚までならATMの方がお得ですね。

101枚以上は窓口の方が圧倒的にお得です。

まとめると、1回に50枚までなら、窓口なら手数料は無料

金種指定料金の誕生

ゆうちょ銀行の窓口で、現金と紙幣などの種類や枚数を指定する場合、持ち帰る金額の合計枚数に応じて手数料が発生します。

ただし新券ではない1万円は枚数のカウントに入らないよ!

指定後合計枚数 手数料
~50枚まで 無料
51枚~100枚 550円
101~500枚 825円
501枚~1,000枚 1,100円
これ以降 500枚毎に550円加算

例えば1万円2枚、5,000円2枚、500円玉50枚と指定する場合、

1万円はカウントされないので0枚として、5000円の紙幣2枚、500円玉の硬貨50枚が計算されます。

紙幣2枚+硬貨50枚=52枚
手数料は表と通りに550円となります。

参考:ゆうちょ銀行(金種指定料金の誕生)

払込サービス|現金・ペイジーで110円追加加算

ATMや窓口での各種払込サービスにおいて、現金で支払う場合、110円の追加料金が発生します。

ゆうちょ銀行は現金やペイジーでの払い込みに110円の追加手数料がかかる

(画像出典:ゆうちょ銀行

通帳やキャッシュカードを使う場合には対象外なので、口座からの支払いでは手数料は変わらずです。

例えば窓口やATMで公共料金(5万円未満)を払う場合、口座からの支払いの場合は30円で済みますが、現金で支払う場合は140円になります。

地味に結構違いますよね(;´・ω・)

また「払込料金加入者負担」という、受取り側が払込料金を負担する場合でも、追加料金110円は発生します。(一律110円)

参考:ゆうちょ(払込サービスを現金で利用する場合の追加加算)

小銭を預けるならどこがお得?

ここまでゆうちょのサービス改定についてお話してきましたが、メガバンクを含む他の銀行の硬貨取扱い手数料はいくらなんでしょうか?

500円貯金を始め、どこの銀行に小銭を預けるのがお得なのか調べてみました。・

2019年12月の三井住友銀行からスタートして、メガバンクの硬貨取扱料金の値上げが目立ちますね。

硬貨取扱い料金値上げ時期 銀行名
2019年12月 三井住友
2020年4月 三菱UFJ・みずほ
2021年10月 りそな

他銀行の硬貨取扱い手数料比較

三菱UFJ 三井住友 みずほ りそな
1~100枚まで 無料 無料(300枚まで) 無料 無料(1日1回)
101枚~500枚まで 550円 550円 660円
501枚~1,000枚まで 1,100円 1,100円 1,320円 1,320円
1,001枚~1,500枚 1650円

以降500枚毎、550円加算

1,980円 1,980円
以降500枚毎 550円加算 550円加算

※全て税込

ただし上記の手数料は「窓口」での話で、ATMで手数料はゆうちょ以外は無料です。

ゆうちょ銀行はATMでの取り扱いでも硬貨取扱いに手数料がかかります。

メガバンクは「大量硬貨取扱手数料」という位だから、まとまった硬貨以外の手数料を取る気はないんですね。

小銭はどこに預けるのが得?まとめ

 

  • 500枚までの硬貨をまとめてお預け入れしたい場合はみずほ銀行が一番お得(無料)
  • 300枚までなら三井住友も無料なのでおお得
  • 100枚までなら主要銀行ならどこも無料

100枚までなら上記銀行が全て無料なので、2022年1月17日以降にまとめて硬貨を預けたい場合は、枚数に応じてゆうちょ銀行以外を利用する方がお得です。

まとめ:現金・硬貨の取り扱いに手数料が発生するようになった

まとめると、硬貨を預けたり、現金での払い込みサービスに手数料がかかるようになったので、硬貨の取り扱いなら他銀行の窓口を利用して、払込は通帳やキャッシュカードを使った方がお得です。

ゆうちょ銀行改正内容まとめ
  • 現金での払い込みは110円かかるので口座での支払いが◎
  • 硬貨取扱いならメガバンクの窓口の方がお得(100枚までなら無料)
  • 駅やファミマ、ショッピングモールのATM手数料発生(日時により)

コメント

タイトルとURLをコピーしました