スポンサーリンク

受付のジョー 1話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ

2022年春ドラマ

受付のジョー 1話あらすじネタバレ・感想・評価まとめ

 

この記事でわかること
  • 受付のジョー 第1話あらすじ
  • 感想、見どころ
  • Twitterの反応
ドラマ「受付のジョー」放送地域・放送局は?あらすじやキャスト、相関図まとめ
春ドラマ「受付のジョー」番組紹介です。神宮寺勇太さん単独初主演となるこのドラマはKing&Princeの「踊るように人生を。」が主題歌となっています。ひょんなことから受付業務をすることになった城のお仕事ドラマ。受付の仕事を改めて体験することで、城はどう変わるのか、楽しみです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

受付のジョー 1話 あらすじネタバレ

あらすじ

受付のDX化についてプレゼンした城の企画が通り、プロジェクトリーダーに任命された。
だが実際は、受付の全面改造とリストラを任されたと知り、城はショックを受ける。

ホテルコンシェルジュ並の受付業務をこなす受付達のリストラや全面改造。
3ヶ月で結果を回すよう告げられた城がとった行動は-?

1話 ネタバレあらすじ

#1 受付をデジタル化します!

・懇親のプレゼン

広告代理店・凛燈舎の業務改革プレゼンでは、営業一課を代表して城拓海(神宮寺勇太)が受付の完全デジタル化を提案していた。
プレゼンが終わり仕事をしている城の元に、同僚の春口光咲(松井愛莉)が現れ城のプレゼンを褒めると、嬉しそうに喜び、先輩の西大輔(田村健太郎)のおかげだあと告げた。
だがすぐに西は春口を連れ営業へ向かってしまった。

受付では佐知山瞳(西原亜希)と花房カレン(トリンドル玲奈)がホテルのコンシェルジュのようなきめ細かい受付業務を行っていた。
鉄壁のチーフでもある佐知山は、シフト調性なども抜けがなく行い、家田仁子(田辺桃子)の前髪の長さも気にしていた。
バックヤードではパソコンを打ち込む熊本淑子(美山加恋)と、髪のカラーリングに悩む家田の姿があった。
花房はバックヤードに来ると、額を見せて分けている前髪がお辞儀をした時に顔にかからないようにするよう、やんわりと告げた。
厳しすぎだという家田に「わたしは守っとる」と熊本は告げた。
花房に言われ、顔にかかる髪を耳の後ろでピン留めする家田だが、そこに総務部の林姫乃(冨手麻妙)が社内報を持って来た。
一緒にお茶を飲まないかと誘われ、家田と共に林はお茶を飲むと「美味しい」と満足気に吐息するが、オレンジのネイルを見た家田は「可愛い」と褒めた。
ホントはラメとかも入れたいが、これが限界だという林はに、受付は清潔感がモットーのため、ネイルも禁止なのだ。
同じ社員でも営業とそれ以外では大違いだと林は告げた。
その夜、社内では城の上司・藤堂武徳(橋本じゅん)がプレゼンを行う城の映像を眺めていた。
そして、帰宅する城は、通りかかったベンチを見て、2年前に春口と缶ビールを飲みつつ会話をしたことを思い出していた。

翌朝、挨拶もしない社員たちを見て悪態を吐く家田だが、熊本も出来れば挨拶はしたくないと告げていたが、やってきた人物に笑顔で対応しており、家田は驚く。
その頃、上司に呼ばれた城は、城のプレゼンに感激したという藤堂は、このプロジェクトリーダーに城を任命し、3ヶ月で結果を出すよう告げられる。
部署に戻った城は、そこにいた春口にその喜びを伝えるが、お祝いしなきゃと告げられるが、春口は聞いておらず「城くんはすごいな」と微笑んでいた。
その後、みんなに歓迎されるが、城はDX化をプレゼンしたはずだったが、何故か受付のリストラし全面改造する事をを任されている事を知る。

・理想と現実

帰宅した城はその事実に「マジか」と呟くと、犬のぬいぐるみ「ちくわ」に、受付のリストラなんて考えてなかったわ、と告げてちくわを抱きしめた。
カップラーメンとプリンで晩ご飯を済ませた城は、改めて「リストラするために頑張ってきたんじゃないんだよぉ、とちくわち告げる。

翌朝、親しみやすさを重視して黄色のネクタイを選んだ城は、受付の佐知山に社内メールをするが、昼になってもメールは未読のままだった。
西からは、城のせいで女の子のいない受付になるのか、としみじみ告げられる。
その後、直接佐知山にメールの事を告げるも、佐知山は業務中だと言うが、食い下がる城に、お客様のご迷惑になりますと釘を刺した。
来客者がさり、尚も食い下がる城に、佐知山は大量の受付マニュアルを渡された。
「ただ、ここにあなたが無くそうとしているものは、書かれてるでしょうか」
そう言われてマニュアルを抱えて帰宅した城だが、ヘアカラーチャートまであるマニュアルに「厳しすぎだろ」と呟いた。
その時、春口から連絡が来て、城はあのベンチへと向かった。

近くに来たという春口とは缶ビールを持っていたが、城のもあるよ、と差し出した。
城の話を聞いた春口は、とにかく相手を驚かせよう、と言うが、それは城が言った言葉だと春口は告げる。
まずは自分を見てもらうために驚かせ、話を聞いてもらうためにも驚かせていたことを告げた。
そんな城をずっと見てたよ、という春口の言葉に、城は佐知山に話を聞いてもらう為の作戦を思いついた。
春口に礼を告げた城は、とある洋服店の前で立ち止まった。

城の企画書を見る花房と熊本と家田は、よくこんなの考えるわねと告げていたが、そこへマニュアルを抱えた城が現れる。
もう一度話を聞いてもらうために、受付を理解しに来ました、と言う城だが、佐知山は「あなたを受付に立たせるわけには行きません」と告げた。

見どころ・感想

受付に現れる前の城が立ち寄ったのは、多分スーツの仕立て屋さんかなと思うんですが、あの時間にやってたのか?という疑問と、一晩で出来たのか?という謎でした。

何はともあれ、DX化ってなんだ?と思いつつ、次回からどんな展開になるのか楽しみです。

登場したキャスト

来週からの新たな登場人物をこちらに記載します。

Twitterの反応

まとめ

不覚にもちくわと共のシーンは可愛く思えました(笑)。
というかね、春口さんへの気持ちが顔似てわすぎてるからね?
もう100点です(何が)。

どんな展開になるか読めなくて、楽しみです。

また来週

コメント

タイトルとURLをコピーしました