スポンサーリンク

六本木クラス「star」日本語版のTHEBEATGARDENの経歴やwikiプロフ!原作Gaho主題歌にそっくり?

2022年7月7日からスタートしたドラマ「六本木クラス」がものすごい人気ですね!

特に六本木クラスの挿入歌が話題になっています。

何故なら原作である梨泰院クラスで使われた「start」の日本語版(カバー)が使われたからです!

ドラマ自体も原作に忠実だという話でしたが、まさか挿入歌までカバーでくるとはとファンの間では激アツだと話題になりました。

この記事ではstartの日本語版である「startover」を歌っているTHE BEATGARDENについて紹介していきたいと思います。

この記事でわかること
  • THE BEATGARDENのプロフィール
  • 原作startについて
  • ネットや原作ファンの反応

梨泰院(イテウォン)クラス オリジナルサウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

梨泰院クラスのサウンドトラックが今なら18%off&送料無料で買えます♪

楽天で梨泰院サウンドトラックをチェック

0と5が付く日は更にポイント倍でお得!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

六本木クラス挿入歌「start」日本版の歌手はTHE BEATGARDEN!Gahoにそっくり?

六本木クラス挿入歌「start」(Gaho)の日本語版を歌っているのは、THE BEATGARDENというグループです!

六本木クラスの主題歌が4人組ロックバンドAlexandrosの「Baby’s Alright」ということが決まった時点でもかなり話題になりましたが、挿入歌は放送まで全く未発表でした。

挿入歌が話題になっていた梨泰院クラス(原作)なだけに、六本木クラスはどうなるのか??とそちらも話題になっていたんですよね!

そしたら挿入歌4曲あるというサプライズと1つがstartの日本語版という大サプライズが!!

ファンの激アツポイントをまとめるとこんな感じです!

  1. 1話目放送で挿入歌が2曲がサプライズで解禁される(そのうち1曲は原作のstartの日本語版だった!)
  2. 更にもう1曲挿入歌解禁!
  3. 他にも2曲これから挿入局が解禁される(トータル4曲挿入歌あり!)

にくい演出ですよね。

startoverが宮部新(竹内涼真)が、大学受験に遅れそうになって急ぐ楠木優香(新木優子)を励ましながら一緒に走るシーンで流れて「原作と同じ曲やないか・・・!!」と興奮したファンの人が多いと思います。

日本語版をカバーしたTHE BEATGARDENのボーカルUさんは元々梨泰院クラスのファンだったそうで、今回の曲への思いや意気込みを以下のように語っています。

「このお話を頂く以前から口ずさんでいたこのメロディーを歌えることに驚きと使命感と大きな喜びを感じています」とコメント。そんな強い思いを抱えながら書いた歌詞には「つまづいて転んでも、手探りに前へと進んでいく物語の中で、絆や恋、涙にも似合う事が出来たら」 引用:Yahoo!ニュース

原曲「start」のGahoさんの声に似ていましたし、かなり再現性が高かったですね!

梨泰院(イテウォン)クラス オリジナルサウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

THE BEATGARDENのボーカルは誰?3人のwiki風プロフィール

THEBEATGATDENプロフィール
  • U(メインボーカル&作詞作曲)
    12月31日生まれ、埼玉県出身
  • MASATO(ボーカル&グッズ作成)
    2月20日生まれ、滋賀県出身
  • REI(ボーカル&作曲)
    1992年12月15日(2022年7月現在26歳)、大阪府出身

※以前はDJをいれて4人だったが現在は3人

今回六本木クラスの挿入歌「starover」を発表して注目されたTHEBEATGATDENさんですが、3人ともボーカルをしており、その中でもメインボーカルはUさんだそうです。

年齢はREIさんだけ26歳と分かっていますが他2人は不明です。ただ見る感じ25歳前後ではないかな?と予想します。

REIさんは元々ジャニーズJrに所属していた経歴があるそうです。(2009年~2011年)

今回の日本語版に関してはリーダーのUさんが歌っている可能性が高いですね。

皆さんビジュアルがよく、特にMASATOさんが錦戸亮くんに似ています。

公式Instagramはこちら>>

THEBEATGATDENの経歴

経歴

2012年8/1:大阪でグループ結成。その後3人で上京し「PEEK A BOO!!!」というグループで活動

2014年:THEBEATGATDENにグループ名を解明

2016年7/27:1stsingle「NeverEnd」でメジャーデビュー。

UNIVERSAL SIGMAと事務所契約。

デビュー後すぐにサマソニやRISING SUN ROCK FESなどに出演

2016年11:2ndsingle、

2017年5月:3ndsingleリリース

2017年7:4thsingle「FLOWER」のカップリングが「神撃のバハムート」という人気アニメのオープニングテーマに抜擢

2017年8:メジャーデビューアルバム「Im」はオリコンデイリーアルバムランキング5位と最高位を記録。

2020年1月:新木場STUDIOCOASTで初のワンマンライブ

2021年5月:過去最大全国ツアー開催(13か所26公演)

2022年:六本木クラス挿入歌決定・現在全国ツアー中

参考:公式サイト

2022年六本木クラスの挿入歌に決定する前での経歴ですが、2012年に上京し、PEEK A BOO!!!というグループで活動開始後、現在のバンド名に改名し、2016年に事務所契約を果たし現在と至ります。

経歴をみるとかなり華やかで、メジャーデビューから階段を駆け上っていますね!

六本木クラスの挿入歌抜擢もすごいですが、今後更なる活躍が期待できますね!

余光 (初回限定盤 CD+DVD) [ THE BEAT GARDEN ]

THE BEATGARDENさんの最新アルバム「余光」の初回限定盤はこちらからチェックできます

楽天ブックス

ネットの反応

ネットでも、梨泰院クラスのファンの人はstartをカバーしたことにかなり賞賛していました。

Gahoさんが日本語バージョンで歌ったと勘違いしていた方も多かったですね!

挿入歌やBGMの評価が高い梨泰院クラスだったので、六本木クラスへの期待も大きそうですね。

まとめ

以上梨泰院クラスの「start」日本語版の「starover」挿入歌を歌うTHE BEATGARDENのプロフィールや経歴、原曲についてまとめてみました!

今後新たに発表される挿入歌2曲も楽しみですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました